2012年12月23日

二つの現実がある。

 http://www.youtube.com/watch?v=FiSXoJFu1vY


 一つは、イルミナティの計画が進行しているという現実でもう一つは、大衆に信じ込ませるため、陰謀団が作った「映画」が放送されている現実だ。

 「テレビニュースや新聞」=「陰謀団が作った映画」という構造だ。



 

 感想と解説

 わかりやすく一つ例を出しましょう。

 外国で銃乱射事件がしばしば起こる。

 イルミナティの計画は何かというと、銃規制をして、アメリカ国民から銃を奪い取ることです。

 銃を持っていないほうが支配しやすいですよね?

 銃乱射をする人に銃乱射をするようにマインドコントロールしているんですよ。そして、銃乱射をして人々を殺しまくった後で自殺するようにマインドコントロールしているわけです。
 
 デジタルテレビの目的は、アナログの枠を一つあけることです。

 マイクロチップを人間に埋め込み、そのチップに外部から信号を送り、その人間を支配するという計画が進行中なので、アナログの枠を一つ開ける必要があるらしいのです。

 



 

  

posted by デーヴィッド・アイクさんのファン at 07:37| Comment(0) | ニュースは映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。